前へ
次へ

アメリカの医療制度はどうなっているか

アメリカは日本のように国の公的保健が存在しません。
ですから国民は高い費用を避けるために、民間の保健に加入する事が多くなっています。
保健も散々な種類があるので十分な保障が得られていない場合には、さらに別の対策も必要になって来ます。
アメリカ人はサプリメントの消費量が大変多い国民です。
薬と違ってサプリメントなら安く購入できるので、家計への負担が低くなります。
サプリメント市場規模は日本の10倍以上で、自分の体は自分で守るということが徹底されているのです。
介護状態になってしまったら、長生きでも完全な幸福は得られにくくなってしまいます。
不自由な体にならないようにするための予防サービスが、各居住エリアにあることもアメリカの大きな特徴です。
予防サービスには、食やストレスや運動と環境にフォーカスした医療を提案しています。
公的医療が充実していない分、予防医学の分野を充実させて自立して生きられる期間を長くさせようとしているのが、アメリカの特徴です。

Page Top